選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

公共料金の支払いでポイントを貯める!クレジットカード徹底解説

こんな人に
オススメ

  • 公共料金をクレジットカード払いにしてお得にポイントを貯めたい人
公共料金の支払いでポイントを貯める!クレジットカード徹底解説

生活する上で必ず費用が発生する電気、ガス、水道などの公共料金。そのほかにも、家賃や税金、交通費、各種保険料など、毎月さまざまな固定費が発生します。これら固定費は、現金で支払っているかもしくは口座振替にされている方も少なくないのではないでしょうか。今回は、公共料金をクレジットカード払いにすることで、お得にポイントを貯める方法を解説します。

クレジットカードで払える公共料金

公共料金の支払い方法にはいくつかあります。ここでは、その支払い方法と、クレジットカード支払いが可能な公共料金、コンビニでクレジット払いをする方法について説明します。

公共料金の3つの支払い方法

1.口座振替による引き落とし
公共料金の支払いで、多くの方が口座振替による引き落としをされているのではないでしょうか。電気料金や水道料金など、口座振替を利用することで口座振替割引サービスが適用されることがあります。

2.払込用紙による現金払い
毎月、送られてくる振込用紙によって指定されるコンビニや金融機関窓口などで現金で支払う方法です。支払い期日をうっかり忘れてしまったり、仕事などの合間に支払いに行く手間はどうしても増えてしまいます。

3.クレジットカード決済
公共料金の支払いも、クレジットカード払いができるように最近は対応が進んでいます。クレジットカード払いにすることで、利用料金に応じてポイントが貯まるメリットなどもあります。

クレジットカードで支払える公共料金

クレジットカードで支払いができる公共料金は、電気料金、ガス料金、水道料金などほぼ可能になっています。但し、クレジットカードの中でもVISA、MasterCard、JCB、アメリカンエクスプレスなどブランドによっては取り扱いがされていないものもありますので、事前にどのクレジットカードの取り扱いが可能なのかは確認が必要です。

コンビニで公共料金をお得に支払う方法

基本的に、コンビニで公共料金を支払う場合、クレジットカードは利用ができません。稀に、コンビニの関連会社が発行しているクレジットカードでのみ支払い可としているところがありますが、範囲は限定されます。 そこで、ポイントをうまく貯めながら公共料金をクレジット払いにする方法があります。セブンカードサービスが発行する電子マネーの「nanaco」です。予め、nanacoをチャージ可能なクレジットカードと紐づけておく必要がありますが、事前にnanacoへクレジットカードからチャージ(入金)を行い、セブンイレブンでnanacoを使って公共料金を支払います。そうすることで間接的ですが、ポイントを貯めることができます。nanacoカードは、国民年金保険料、国民健康保険、固定資産税、所得税、住民税、自動車税などの支払いが可能です。

公共料金の支払いでポイントを貯める!クレジットカード徹底解説

クレカ払いのメリットとデメリット

では、公共料金をクレカ払いにする際のメリットとデメリットについて紹介します。

クレカ払いのメリット

クレカ払いにする第一のメリットは、支払いの手間を省けることと、あらゆる支払いを一括管理できることです。口座振替をしている場合でも支払いの手間は省けていますが、クレカ払いにすることで、そのほかの明細と合わせて一括で引き落としができるので、支払日管理や明細管理を一括でしやすくなります。
また、ポイントが貯まることがクレカ払いの場合にお得になる部分です。口座振替や現金払いでは、ポイント付与はありませんので、クレカ払いでポイントを貯めている人にとってはメリットが大きいと思います。

クレカ払いのデメリット

一方で、デメリットも0ではないので、説明しておきます。
電気、ガス、水道の支払いでは、口座振替を選んだ場合に割引が適用されることがあります。その場合は、クレカ払いで付与されるポイント還元率と比較してから決めた方が良いでしょう。
また、クレカ払いの場合は、クレカの限度額を超えると公共料金の支払い決済ができず、延滞扱いになる場合がありますので、利用限度額の確認をしておくことが必要です。そのほか、クレジットカードの有効期限切れも影響する場合があります。有効期限の更新時に、クレカ情報の更新を行う必要がありますので、それをうっかり忘れたりすると、引き落としができず、延滞が発生する場合があります。クレカ情報の更新は、カード発行会社のウエブサイトからできることもあれば、各公共料金のサイトからできる場合もあります。

まとめ

ここまで、公共料金の支払いクレカ払いにすることでポイントを貯める方法について解説してきましたが、いかがでしょうか。公共料金の支払いでポイントを貯める方法、またコンビニでも間接的にクレカ払いを利用することでポイントを貯める方法がわかったのではないでしょうか。ポイントを貯めたり、手間を省けたりと、メリットがある一方で、クレカ払いにすることでのデメリットもいくつかありますので、メリットとデメリットをよく考えてからクレカ払いの選択をするようにしましょう。