選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

ANAマイルを貯めたい方必見!おすすめクレジットカード4選

こんな人に
オススメ

  • ANAのマイルを上手に貯めたい人
ANAマイルを貯めたい方必見!おすすめクレジットカード4選

国内線、国際線と豊富な便があるANAは、出張や旅行で利用している方も多いでしょう。そんな移動や買い物で貯まるポイントを、上手にマイルとして利用したいですよね。今回はANAが発行している、マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードを5枚ご紹介します!

おすすめANAカード① ANAアメリカン・エキスプレス・カード

年会費は7,000円。American ExpressがANAと提携して発行しているクレジットカードです。ポイント還元率は1.0%が基本で、ANAグループの店舗・サービスを利用すると1.5倍のポイントが得られます。クレジット利用で貯まったポイントは、ANAマイレージクラブへ1,000ポイント=1,000マイルで交換することが可能です。ただし、ポイント交換では年6,000円(税別)のポイント移行コースへ登録する必要があります。

クレジットカード利用だけでなく、カードへの新規入会、継続利用や搭乗ごとにマイルが貯まり、ANAカードマイルプラスの提携店・対象商品を購入した場合も、ポイントとは別に100円・200円で1マイルを貯められます。

旅行系カードのサービスが充実している分、付帯保険もちゃんと揃っています。海外旅行保険では最高3,000万円、国内旅行保険は最高2,000万円補償されているので、万が一のトラブルにも安心です。

ユーザーの声

ステータスの割に年会費が高いと感じる人が多いかもしれません。それでも、American Expressの発行カードではかなり安めです。しかも年会費で空港ラウンジを利用できるので、とても便利。旅行保険の内容も、年会費の割にかなり充実している気がします。

こんな人におすすめ!

実は私も、このカードを持っています。ゴールドカードになると年会費が一気に上がるので、旅行系のサービス・保険が充実してマイルも貯まりやすい。コストパフォーマンスで考えるととても優秀なクレジットカードだと思います。飛行機での旅行が多い人、特にANAを頻繁に使うなら、ぜひおすすめの1枚です!

おすすめANAカード② ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAマイルを貯めたい方必見!おすすめクレジットカード4選

年会費は31,000円(税別)。ANAアメリカン・エキスプレス・カードのゴールドランクカードです。ポイント還元率は1.0%で、ANAグループでカードを利用するとポイントが2倍。スタンダードカードよりも高いポイント還元率が魅力のクレジットカードです。ゴールドカードだと、ポイント交換時の有効期限や移行ポイントの制限がありません。期間を気にせずポイントを貯めることができます。

各種マイルボーナスも、スタンダードカードより優れています。新規入会時には2,000マイル、カードの継続ごとに2,000マイル貯まるのですが、これはいずれもスタンダードカードの2倍です(スタンダードカードは1,000マイル)。

海外旅行保険は、最高1億円と同ランクカードではトップクラスの補償がついています。国内旅行保険は最高5,000万円、ショッピング保険は500万円と、付帯保険で心配することはほぼありません。

ユーザーの声

ANAマイラーにとって、これだけポイントが貯まりやすいクレジットカードはほとんどないんじゃないかと思います。特に私は月1回以上ANA便で旅行・出張をする機会があるので、ANA利用が多い人には便利な特典が揃っているこのカードはメインとして活躍中です。

こんな人におすすめ!

スタンダードよりもポイント運用が便利になっています。ANAの利用頻度が高ければ高いほど、その利益を得やすいでしょう。逆に、2ヶ月に1回、季節に1回など飛行機に乗る頻度がそこまで高くないのなら、1つ下のランクのカードでも十分と言えるでしょう。

おすすめANAカード③ ANA JCB ワイドゴールドカード

年会費は14,000円(税別)。ポイント還元率は1.0%とそこまで高くはありません。それでも、入会・継続時に2,000マイルが貯まります。そのほか、搭乗ごとに区間基本マイレージの25%がマイルとして貯められます(この比率は、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと同じです)。クレジット利用でJCBのOki Dokiポイントが貯まり、マイルに交換可能ですが、自動移行できるコースとその都度交換できる2つのコースを選べます。 ANA JCB ワイドゴールドカードの付帯サービスは、とにかく使いやすさに特化しています。QUICPayに対応しているのでキャッシュレス決済ができ、PiTapaとも連携するので関西方面の移動で便利です。楽天Edyチャージを利用する際は、200円で1マイルが加算されます。こうしたサービスを使っている人は、積極的に活用したいところです。

ユーザーの声

10年以上のヘビーユーザーです。コンビニもそうだし、キャッシュレス決済もガソリンスタンドもネットショッピングも、全てこのカードを使っています。よくJCBはVISAと比べて、使えない店舗があるという意見も聞きますが、それほど不便を感じたことがないです。年間で6万マイルくらい貯められるので、何に使うか毎年楽しいです。

こんな人におすすめ!

カード決済はもちろんキャッシュレス決済も使える。旅行系サービスが充実しているクレジットカードとしては、年会費もお手頃。メインカードとしての使いやすさがバツグンな一枚です。

おすすめANAカード④ ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANAマイルを貯めたい方必見!おすすめクレジットカード4選

年会費は2,000円(税別)。初年度は無料です。ソラチカカードはANA 、東京メトロ、JCBカードの3社が提携して発行しています。貯められるポイントは、東京メトロ利用によるメトロポイントと、JCB加盟店利用によるOki Dokiポイント。さらにANA便を使うことで、ANAマイルを貯めることができるなど、3種類のポイントをうまく使い分けることが可能です。それぞれのポイントは相互交換ができるので、用途に合わせてポイント運用ができるのが魅力です。

このカードの魅力は、PASMOのオートチャージ機能と定期券機能が付いていること。空だけでなく陸で使うときも、非常に便利です。

ユーザーの声

ANAマイルを貯めたいなと思ってクレジットカードを探しているとき、このカードを選びました。通勤で東京メトロを使うし、移動が電車メインなのでチャージいらずのこのカードは本当に便利です。ラウンジの無料利用など、もう少し空港での付帯サービスが充実していれば良かったですね。

こんな人におすすめ!

マイルを効率よく貯める上では、他のクレジットカードの方が交換率が高い・還元率が高いなど一歩出遅れてしまいます。ですが東京メトロでも使いやすくて、メトロポイントがマイルに交換できるという点で、陸マイラーにはたまらない一枚です!

まとめ

ANAマイルを上手に貯めれば、長期休暇の国内旅行、海外旅行がとってもお得になります!筆者もANAアメリカン・エキスプレス・カードを上手に使って、今年は沖縄へ遊びに行く予定です♪今回紹介したおすすめカードから、うまく自分の用途にあった一枚を見つけてみてください!

ANA JCBワイドゴールドカード

3.22

ゴールド、20代専用、30代専用、40代専用、空港ラウンジ(国内)、空港ラウンジ(国外)、オンライン発行で人気の高いクレジットカード『ANA JCBワイドゴールドカード』のカード券面

ポイント還元率
0.5% (最大10.0%)
おすすめポイント
確かなステータスを示すANA JCBゴールドカード。国内外の旅行で最も力を発揮する、安心の高い保障と利用限度額。財布に入れて持ち歩くメインカードの一枚にピッタリ!
  • ゴールド
  • 20代専用
  • 30代専用
  • 40代専用
  • 空港ラウンジ(国内)
  • 空港ラウンジ(国外)
  • オンライン発行
年会費
初年度 二年目~
14,000円 14,000円
金利
ショッピング キャッシング
公式サイト参照 公式サイト参照
ポイント
  • ・還元率0.5% (Oki Dokiポイント)
  • ・Oki Doki ランドの利用でポイント優遇