選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

年収が低くても作れる!ゴールドカードの審査基準とは

こんな人に
オススメ

  • ゴールドカードを作りたいけど
    年収による審査基準が気になる人
年収が低くても作れる!ゴールドカードの審査基準とは

ゴールドカードを取得するには、審査基準が厳しいというイメージを持っていてなかなか作れないと思っている人は少なくないでしょう。特に、高い年収を持つ人しかゴールドカードは作れないと思われがちだからです。
しかし、最近では皆が思うほどに年収が高くなくても持つことができるゴールドカードもあります。今回は、ゴールドカードの審査基準について解説します。

ゴールドカードの審査基準

ゴールドカードを作るためには、高い年収が必要だと思われている理由と、実際にゴールドカードの審査通過に必要な年収基準について説明します。

ゴールドカードを持てないと言われる理由

ゴールードカードの審査を通過するための基準は
・30歳以上
・勤続年数5年以上
・年収500万円以上
であることでした。しかし、最近はゴールドカードの申し込み条件で年収を記載されていない場合も少なくなく、年収が500万円以下だったとしてもゴールドカードを作ることができる場合もあります。

また、ゴールドカードは年会費も高いイメージがありますが、無料のものも出てきており、以前よりも身近なものになっています。年齢も18歳以上で一定の年収がある場合はゴールドカードを作れる可能性もあります。

しかしゴールドカードを持ちやすくなるということは、ゴールドカードの価値が下がったと思う人もいるかもしれません。それは、価値が下がったのではなく、ゴールドカードよりもハイステータスになるプラチナカードやブラックカードが登場したことで、ゴールドカードを持ちやすくなったのです。ゴールドカードは、充実した特典もありますし、価値としては十分あると言えます。

ゴールドカード審査通過に必要な年収基準

では、ゴールドカードを持つための審査基準は、実際にはどのようになっているのでしょうか。
ゴールドカードの申し込み条件には、年齢と安定した収入が必要である場合が多いです。しかし、ゴールドカードの審査を通過した人の傾向を見ていくと、プロパー系のカードよりも提携カードの方が、年収基準が比較的優しいと言われていることもあります。プロパー系というのは、JCBカードや三井住友VISAカードなどで、提携カードは楽天カードやセゾンカードなどです。 ・ヤングゴールドカードや年会費の低いゴールドカード 200万円〜300万円
・一般的なゴールドカード 300万円〜500万円
・ハイステータスカード 500万円以上
という目安が出ています。

年収が低くても作れる!ゴールドカードの審査基準とは

低年収でもゴールドカードを作るには

低年収でもゴールドカードを作るにはどのような方法があるのか、ここでは説明します。

専業主婦でゴールドカードを作るには

ゴールドカードを作るには一定の年収が必要です。収入がない専業主婦では、ゴールドカードを作ることは難しいと思われるのも当然です。しかし、申し込み条件として「本人に安定した収入がある」ではなく、「本人または配偶者に安定した収入がある」場合は、世帯年収で審査が行われるため、ゴールドカードを持つことができる可能性があります。しかし、配偶者の収入が安定していなく、また個人信用情報に問題がある場合は、必ずしも審査が通るわけではないということを注意しておきましょう。

年収が低くても審査に通るポイント

ゴールドカードの審査では、年収の高さで判断されるのではなく、実際に重要とされているのは、現在の年収よりも過去の利用実績になります。これは「クレジットヒストリー」と言われています。クレジットカードの申し込みや利用状況や支払い状況など、細かく個人信用情報機関に記録されています。それは、CICやCBBと言われるところになりますが、支払い遅延や未払いなどの状況も記録されています。クレジットカードの所有者がクリーンな支払いをしているかどうか、個人信用情報機関を参照することで一目瞭然でわかってしまいます。
これらのことから、例えば年収が200万円だったとしても、過去の利用実績がゴールドカードの審査基準を満たしている人であれば、審査通過する可能性は十分にあります。
基準としては、支払い遅延をすることなく、年間50万円以上のカード利用をしている場合はゴールドカードの審査が通りやすい可能性が高いです。

したがって、ゴールドカードの審査を通過するためには、年収というよりも現在使っているクレジットカードでマイナスにならないクレジットヒストリーを積むことが最も重要となります。

また、もしゴールドカードの申し込みを行った際に審査に落ちた場合、最低でも半年以上は期間を置いてから次のカードの審査に申し込むようにしましょう。審査落ちを繰り返すことでも不利になる可能性があります。

まとめ

ここまで、年収が低くてもゴールドカードを作るための審査基準について解説してきましたが、いかがでしょうか。ゴールドカード作成の場合は、年収以上に過去のクレジットカードの利用状況や支払い状況などのクレジットヒストリーが重要であるということがわかったと思います。