選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

クレジットカードの審査は勤務先へ連絡があるのか?

こんな人に
オススメ

  • 勤務先にクレジットカード会社から
    電話が入らないか心配な人
クレジットカードの審査は勤務先へ連絡があるのか?

クレジットカードの申し込み時、審査の一つに勤務先に申し込み者が在籍しているかの確認に当たる「在籍確認」を行われる場合があります。今回は、クレジットカードの審査で勤務先へ連絡があるかどうか?について解説します。

在籍確認の目的とは

クレジットカードを作成する際に、クレジットカード会社から申し込み者の勤務先などへ、本人確認がされます。在籍確認の目的について説明します。

在籍確認とは?

クレジットカードを申し込むには、一般的に安定した収入があるかどうかの審査が行われます。その審査が在籍確認になるのですが、申し込み時に申請した勤務先が架空のものでないかどうかを実際に確認するために電話をかけて在籍確認がなされるのです。

在籍確認は必ずあるか?

クレジットカード申し込みの際に、在籍確認が必ず行われるかどうかは、申し込み者の状況による場合があります。それは、申し込み者がすでに他のクレジットカードを利用したりしている場合です。この場合は、必ずしも在籍確認の電話があるとは限りません。その理由は、すでに勤務先名や電話番号、身分証明番号、利用履歴、返済履歴など「個人信用情報機関」で集められているので、新たなにクレジットカードを作成するとしても、記載内容が個人信用情報機関に照合ができれば、特に在籍確認をする必要がなくなるためです。ただし、以前クレジットカードを申し込み時に記載した勤務先情報より変更されている場合は、在籍確認が行われる場合があります。

在籍確認で聞かれる質問とは?

もし、勤務先へ在籍確認の電話が入った場合、身構えてしまうかもしれませんが、その心配はありません。一般的には「氏名」「生年月日」「住所」などの情報確認をされるだけです。

確実に出られる電話番号を申告すること

在籍確認の電話があった際に在籍確認ができないと、クレジットカードの審査を通過することはできません。そのため、クレジットカードを申し込みする際は、必ず電話に出られる電話番号を申告するようにしましょう。 例えば、正社員などは会社の代表番号ではなく所属部署や直通電話番号などを記載することをお勧めします。フリーターの場合は、所属の運営会社などではなく実際に勤務している先の電話番号を記載した方が良いです。自営業や個人事業主は、個人事務所や自宅の電話番号などです。

クレジットカードの審査は勤務先へ連絡があるのか?

在籍確認がある場合とない場合

実際に、クレジットカードの申し込み時に全ての人へ在籍確認があるわけではないことはわかったと思います。ここでは、その理由を詳しく説明します。

在籍確認は全てのカードであるわけではない

申し込みのクレジットカード会社によって、在籍確認の電話が行われるかどうかは違うようです。例えば、楽天カードやオリコカード は、比較的に在籍確認が行われる確率が低いとされています。その理由は、機械でのスピード審査を導入しているからです。基本的に、申し込み者が申請した内容を基に自動的に機会が審査の合否を決めていますので、審査担当者による在籍確認が行われる確率が低くなっているのです。しかし、申込書に不備があった場合や信用情報に傷がある場合は、機械が自動的に審査の合否を出すことが出来ず、担当者から本人確認として電話がかかってくることが考えられます。

在籍確認が行われるタイミング

では、実際に在籍確認が行われるタイミングはいつになるのでしょうか。
1.クレジットカード申し込み
2.自動審査
3.信用情報照会
4.在籍確認
5.カード発行
上記のステップでクレジットカードの申し込みは進みますが、在籍確認が行われるのは信用情報照会がなされた後になされることがほとんどです。

在籍確認される確率が低くなる条件

なるべくなら、在籍確認の電話は無くしたいと多くの人が考えることでしょう。実際に、在籍確認される確率を低くするための条件について説明します。

クレジットヒストリーが良好である

クレジットカードやローンの利用履歴が記録されているクレジットヒストリーは、個人信用情報機関で管理されています。そこで管理されている利用履歴に遅延情報の記載がないことは必須です。もし、支払い遅延の履歴や支払いが滞っているなどの情報があると、信用せきに欠ける為、在籍確認が行われる可能性が高いです。
更に、申告した勤務先への勤続年数が長い場合、在籍確認が省かれる傾向にあるようです。理由として、勤続年数が長い場合は長期的に安定した収入がある為、カード料金の支払いに遅れる可能性が低いと判断されるからです。
また、勤続年数と同様に以前クレジットカードを申し込んだ際に記載している勤務先情報と、今回記載した勤務先情報が同じ場合も在籍確認を省かれる傾向が高いです。

まとめ

今回は、クレジットカードの審査で勤務先へ在籍確認があるかどうか?在籍確認がなされる理由について解説してきましたがいかがでしょうか?クレジットカードをこれから申し込もうと考えている方のヒントになればと思います。