選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードとJCBプラチナ法人の比較

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードとJCBプラチナ法人を年会費や入会特典、還元率など様々な角度から徹底比較! ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードとJCBプラチナ法人のどちらを作った方がお得かお悩みの方は、是非とも参考にして頂ければと思います。

  • ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

  • JCBプラチナ法人

  • ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード
  • JCBプラチナ法人
年会費
  • 2.0

    サービスが充実しているとは言え、一般カードで年会費14,000円(家族カードの年会費7,000円)は高い部類。年会費優遇は特に無い
  • 1.0

    年会費30,000円は法人のプラチナカードとしてはとリーズナブルだが…
入会特典
  • 1.0

    新規入会特典は特に無し
  • 3.5

    新規入会で3,000円分、使用者の追加で最大2,000円分、合計5,000円分の入会特典あり
ポイント還元率
  • 3.5

    基本還元率は1.0%と、アメックスとしては高い還元率が特徴。阪急百貨店、阪神百貨店の利用ならポイント10%付与と関西エリアでは更にポイントが貯まりやすい
  • 3.5

    基本還元率は0.5%と低め。ポイント倍率の上がる提携店鋪やオンラインショップなどの利用が頻繁であれば還元率も高くなるが…
ポイント利便性
  • 3.0

    貯めたポイントは阪急阪神グループでポイント払いができる為、関西エリアであれば使い勝手は悪くない。但し永久不滅ポイントと比較すると、使い勝手が落ちる
  • 4.0

    移行できるポイントシステムが多く、JALやANAのマイルにも交換できる為、使い勝手は良い
リボ手数料
  • 3.0

    リボルビング払いの利率は14.6%と平均的よりやや低め
  • 3.0

    リボルビング払いの利率は平均的だが、ご利用後にショッピングリボ・分割払いに変更できるサービスなど使い勝手が良い
ステータス
  • 3.0

    一般カードではあるが、STACIA系の中でも上位カードであり、国際ブランドがアメックスと言う事もありステータス性は高い。見る人が見ればゴールドカード相当
  • 4.5

    ステータスはプラチナカードクラス。JCBプロパーカード、ブラックのカードフェイスも相まってステータスは高く、ビジネスシーンでもスマートに使える
スピード発行
  • 2.5

    発行までが3週間前後と少し時間がかかる
  • 3.5

    申し込みからカードお届けまで最短で2週間程度と、法人用カードとしては比較的早めの発行スピード
傷害保険
  • 3.0

    海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が共に付帯。最高補償額5,000万円というのも安心できる。但し海外・国内共に利用付帯というのは×
  • 5.0

    海外・国内共に最高1億円と最高クラスの保険内容。更にカード使用者として登録されている方も適用され、使い勝手が高い
ショッピング保険
  • 5.0

    年間最高500万円のショッピング保険が付帯。免責(自己負担)がかからず、他のショッピング保険よりも使い勝手が高い!
  • 4.0

    ショッピングガード保険の年間補償金額は500万円までと、法人利用を想定した高い安心感あり!
学生向け
  • 1.0

    学生入会不可
  • 1.0

    申込対象が法人または個人事業主で、年会費が高額の為、学生に対するメリットはほぼ無し
女性向け
  • 2.5

    女性向けのサービスはあまり無いが、STACIA SHOPPING SITE経由で大量ポイントの獲得が期待できる為、ネットショッピングをよくするならおすすめできる
  • 1.0

    普段使い用のカードではなく、年会費やポイント還元率、優待店舗の面からも女性利用に対するメリットはほぼ無し
海外旅行
  • 2.5

    利用付帯ながら海外旅行傷害保険が付帯している点は◎但し、空港ラウンジや空港手荷物無料宅配サービス等の、アメックストラベルサービスが一部利用対象外となり、海外旅行用としては心許ない
  • 4.5

    最高クラスの手厚い海外旅行傷害保険とプライオリティ・パスで世界中の空港ラウンジが使える点は◎。但しJCB加盟店が少ない渡航先への出張・旅行の場合は、このカード一枚だけではやや不安あり
総合
  • 2.66

    ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

  • 3.18

    JCBプラチナ法人

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード 比較項目 JCBプラチナ法人

2.0

サービスが充実しているとは言え、一般カードで年会費14,000円(家族カードの年会費7,000円)は高い部類。年会費優遇は特に無い
年会費

1.0

年会費30,000円は法人のプラチナカードとしてはとリーズナブルだが…

1.0

新規入会特典は特に無し
入会特典

3.5

新規入会で3,000円分、使用者の追加で最大2,000円分、合計5,000円分の入会特典あり

3.5

基本還元率は1.0%と、アメックスとしては高い還元率が特徴。阪急百貨店、阪神百貨店の利用ならポイント10%付与と関西エリアでは更にポイントが貯まりやすい
ポイント還元率

3.5

基本還元率は0.5%と低め。ポイント倍率の上がる提携店鋪やオンラインショップなどの利用が頻繁であれば還元率も高くなるが…

3.0

貯めたポイントは阪急阪神グループでポイント払いができる為、関西エリアであれば使い勝手は悪くない。但し永久不滅ポイントと比較すると、使い勝手が落ちる
ポイント利便性

4.0

移行できるポイントシステムが多く、JALやANAのマイルにも交換できる為、使い勝手は良い

3.0

リボルビング払いの利率は14.6%と平均的よりやや低め
リボ手数料

3.0

リボルビング払いの利率は平均的だが、ご利用後にショッピングリボ・分割払いに変更できるサービスなど使い勝手が良い

3.0

一般カードではあるが、STACIA系の中でも上位カードであり、国際ブランドがアメックスと言う事もありステータス性は高い。見る人が見ればゴールドカード相当
ステータス

4.5

ステータスはプラチナカードクラス。JCBプロパーカード、ブラックのカードフェイスも相まってステータスは高く、ビジネスシーンでもスマートに使える

2.5

発行までが3週間前後と少し時間がかかる
スピード発行

3.5

申し込みからカードお届けまで最短で2週間程度と、法人用カードとしては比較的早めの発行スピード

3.0

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が共に付帯。最高補償額5,000万円というのも安心できる。但し海外・国内共に利用付帯というのは×
傷害保険

5.0

海外・国内共に最高1億円と最高クラスの保険内容。更にカード使用者として登録されている方も適用され、使い勝手が高い

5.0

年間最高500万円のショッピング保険が付帯。免責(自己負担)がかからず、他のショッピング保険よりも使い勝手が高い!
ショッピング保険

4.0

ショッピングガード保険の年間補償金額は500万円までと、法人利用を想定した高い安心感あり!

1.0

学生入会不可
学生向け

1.0

申込対象が法人または個人事業主で、年会費が高額の為、学生に対するメリットはほぼ無し

2.5

女性向けのサービスはあまり無いが、STACIA SHOPPING SITE経由で大量ポイントの獲得が期待できる為、ネットショッピングをよくするならおすすめできる
女性向け

1.0

普段使い用のカードではなく、年会費やポイント還元率、優待店舗の面からも女性利用に対するメリットはほぼ無し

2.5

利用付帯ながら海外旅行傷害保険が付帯している点は◎但し、空港ラウンジや空港手荷物無料宅配サービス等の、アメックストラベルサービスが一部利用対象外となり、海外旅行用としては心許ない
海外旅行

4.5

最高クラスの手厚い海外旅行傷害保険とプライオリティ・パスで世界中の空港ラウンジが使える点は◎。但しJCB加盟店が少ない渡航先への出張・旅行の場合は、このカード一枚だけではやや不安あり

2.66

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

総合

3.18

JCBプラチナ法人

 

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人の基本情報の比較

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行するペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードと株式会社ジェーシービーが発行するJCBプラチナ法人の比較ですが、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード一般カードなのに対し、JCBプラチナ法人は高いステータスを売りにするプラチナカードである為、単純に比較することはできません。年会費ひとつを取っても、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは14,000円なのに対し、JCBプラチナ法人は30,000円とその差は歴然です。

この為、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人は一概にどちらが優れているとは言えませんが、ステータスを重視するならJCBプラチナ法人、カードの作りやすさや実用性を重視するならペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードを選択するのが良いでしょう。

一応、両カードに付帯する電子マネーを見てみると、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードはApple Pay、Suica、楽天Edyの3種類に対応しているのに対し、JCBプラチナ法人はQUICPayの1種類に対応しています。

基本情報の比較

カード
カード
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

JCBプラチナ法人
発行会社サイト
発行会社サイト 公式サイト 公式サイト
申し込み資格
申し込み資格 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生は除く) 法人または個人事業主 ※カード使用者は18歳以上の方が対象となります。
初年度年会費
初年度年会費 14,000円 無料
二年目以降年会費
二年目以降年会費 14,000円 30,000円
家族カード年会費
家族カード年会費 有 (年会費7,000円)
ETCカード年会費
ETCカード年会費 有 (永年無料)
※発行手数料918円
※5枚まで発行可能
有 (永年無料)
JCB法人カードの発行枚数とは関係なく、複数枚を年会費無料で発行することが可能です。
国際ブランド
国際ブランド AMEX JCB
電子マネー
電子マネー Apple Pay、Suica、楽天Edy QUICPay
カード発行時間
カード発行時間 約1~3週間程度 カードお届けまで最短で2週間程度
支払方法
支払方法 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ
締日・支払日
締日・支払日 15日締め10日払い

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人のポイント・還元率の比較

次に、多くの人にとって気になるポイントの還元率や使い勝手について比較してみます。

コンビニやスーパー、インターネットショッピング等の、いわゆる普段使いでカードを使用した場合、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは還元率1.0%ですが、JCBプラチナ法人は還元率0.5~2.5%です。(以後、JCBプラチナ法人の還元率は1.475%として試算します)

これを日常の買い物に置き換えてみると、仮に毎月5万円(年間で60万円)の買い物を両カードで決済した場合、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは6,000円、JCBプラチナ法人は8,850円が還元される計算となり、普段使いではJCBプラチナ法人の方が2,850円分お得であるといえます。

また、ポイントの使い勝手の面でもペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードの移行先がANAマイルの1箇所に留まっているのに対し、JCBプラチナ法人はANA SKY コイン、ANAマイル、JALマイル、Tポイント、WALLETポイント、WAONポイント、dポイント、nanacoポイント、カエトクカード、ジョーシンポイントをはじめとして18箇所と多くのポイントシステムに移行できる為、使い勝手の面でもJCBプラチナ法人の方が多くの方にとって使いやすいのではないかと思います。

ポイントを効率良く貯める為にはクレジットカード発行会社が運営または提携しているポイント優待サイト経由でクレジットカードを利用する事が一番の近道ですが、このポイント優待サイトの内容を両カードで比較すると、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードサントリーウエルネスオンライン、シマンテックストア、ヘルシー食品・健康管理食・特選品は【ニチレイフーズダイレクト】、国内・海外土産通販サイトのギフトランド、ヴィクトリアゴルフオンラインストアをはじめ59サイトでポイント還元率の優遇を受けられるのに対し、JCBプラチナ法人Amazon.co.jp、一休.comレストラン、THE BODY SHOP、セシール、ディノスをはじめ39サイトでポイント還元率で優遇されるに留まっている為、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードのポイント優待サイトにあなたがよく利用するサイトが登録されているなら、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードの方がポイントを貯めやすいと感じるでしょう。

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人の旅行保険の比較

クレジットカードを持つメリットの一つとして、クレジットカードに付帯する保険を挙げる人は多いと思います。そこでペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人を付帯保険の面から比べてみたいと思います。

海外旅行傷害保険

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人に付帯する海外旅行傷害保険ですが、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人はどちらも海外旅行傷害保険が付帯されているものの、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは利用付帯であるのに対してJCBプラチナ法人は自動付帯という違いがあります。

利用付帯であっても、カード会社が定める付帯条件を満たしていれば保険が適用されますが、自動付帯の場合はカードを持っているだけで海外旅行傷害保険が適用される為、『旅行代金をうっかり別のカードで払ってしまって付帯条件を満たしていない…』という事もなく、いざという時に頼りになります。

もしあなたが海外に良く出かけるなら、海外旅行傷害保険の点ではJCBプラチナ法人を選んだ方がメリットがあるでしょう。

国内旅行傷害保険

続いて、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人に付帯する国内旅行保険を見てみると、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナ法人はどちらも国内旅行傷害保険が付帯されているものの、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは利用付帯であるのに対してJCBプラチナ法人は自動付帯という点が異なります。

利用付帯であっても、クレジットカード発行会社が定める付帯条件を満たしていれば保険が適用されますが、自動付帯の場合はカードを持っているだけで国内旅行傷害保険が適用される為、『旅行代金をうっかり別のカードで払ってしまって付帯条件を満たしていない…』という事もなく、いざという時に頼りになります。

国内の旅行に出かける機会の多い方は、国内旅行傷害保険の点ではJCBプラチナ法人を選ぶべきです。

海外旅行保険の比較

カード
カード
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

JCBプラチナ法人
保険の有無
保険の有無 有(付帯条件あり)
旅行代金をクレジットカードで支払った場合
有(自動付帯)
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額) 5000万円 1億円
入院費用
入院費用(最大金額)
通院費用
通院費用(最大金額)
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額) 100万円 1000万円
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額) 100万円 1000万円
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額) 3000万円 1億円
携行品損害
携行品損害(最大金額) 100万円 100万円(自己負担:3000円)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間 当該JCBカードにより宿泊を伴う募集型企画旅行の料金を支払い、これに参加中に傷害を被った時
保険備考
保険備考 傷害死亡・後遺障害に関して、JCBプラチナ法人カードにカード使用者として登録されている方も、同様に最高補償額1億円が適応されます。

日本旅行保険の比較

カード
カード
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

JCBプラチナ法人
保険の有無
保険の有無 有(付帯条件あり)
旅行代金をクレジットカードで支払った場合
有(自動付帯)
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額) 5000万円 1億円
入院費用
入院費用(最大金額) 5000円
通院費用
通院費用(最大金額) 2000円
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額) 5000万円
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額)
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額)
携行品損害
携行品損害(最大金額)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間 当該JCBカードにより宿泊を伴う募集型企画旅行の料金を支払い、これに参加中に傷害を被った時
保険備考
保険備考 傷害死亡・後遺障害に関して、JCBプラチナ法人カードにカード使用者として登録されている方も、同様に最高補償額1億円が適応されます。
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードとJCBプラチナ法人の比較まとめ
  • ステータス重視ならJCBプラチナ法人、実用性重視ならペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード。電子マネーの使い勝手はペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードが上。
  • ポイント還元率はペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードが1.0%、JCBプラチナ法人が0.5~2.5%(一般的な利用の場合)還元率重視ならJCBプラチナ法人。ポイントの使い勝手もJCBプラチナ法人が優れている。
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険は両カード共に付帯されているが、JCBプラチナ法人は利用条件の無い自動付帯の為、使い勝手は上。
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードとよく比較されるカード
JCBプラチナ法人とよく比較されるカード