選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

三井住友VISAバーチャルカードとセディナカードクラシックの比較

三井住友VISAバーチャルカードとセディナカードクラシックを年会費や入会特典、還元率など様々な角度から徹底比較! 三井住友VISAバーチャルカードとセディナカードクラシックのどちらを作った方がお得かお悩みの方は、是非とも参考にして頂ければと思います。

https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100fwvn00hxqg
  • 三井住友VISAバーチャルカード

  • セディナカードクラシック

  • 三井住友VISAバーチャルカード
  • セディナカードクラシック
年会費
  • 4.5

    年会費初年度無料。条件次第で翌年の年会費も無料
  • 3.5

    本人カードは年会費1,000円、家族カードは年会費300円の年会費がかかる。2年目以降の年会費優遇なし
入会特典
  • 4.5

    特典がポイントの付与では無く、最大9,000円のキャッシュバックによるカード請求額への充当なので勝手が良い
  • 3.0

    合計で6,000円分相当のポイントを獲得!但し、全てのポイントを受け取るには別サービスの入会やクレジットカード使用回数の規定があり、若干受け取りづらい
ポイント還元率
  • 2.5

    基本還元率は0.5%とやや低め。但しポイントUPモール経由なら最大20倍となる為、ポイントUPモールに利用しているサイトがあるかどうかがポイント
  • 4.0

    基本還元率は0.5%と低めながら、セブンイレブンやダイエー、イオン等の店舗では、いつでもポイント3倍となり、還元率1.5%の高還元率カードに!
ポイント利便性
  • 4.0

    他ポイントへの移行やマイル交換、商品券をはじめとした各種商品への交換など、ポイントの使い勝手はかなり良い
  • 4.0

    ギフトカードへの交換や、nanaco等の電子マネーにも交換できる他、貯めたポイントを金額換算して、引き落とし口座にキャッシュバックも可と、使い勝手は優秀!
リボ手数料
  • 3.5

    リボルビング払いの利率は15%と平均的だが、毎月のお支払い金額を自由に決められる「マイ・ペイすリボ」や、買物後にリボ払いに変更できる「あとリボ」など、使い勝手が良い
  • 3.0

    リボルビング払いの利率は15%と平均的
ステータス
  • 1.0

    インターネットショッピング専用のバーチャルカードの為、ステータス性は皆無
  • 1.5

    普段使いのカードの為、ステータスカードとしての価値は皆無
スピード発行
  • 4.0

    最短3営業日でカード発行。他社と比較すると発行スピードは早い
  • 3.5

    申し込みからカードお届けまで最短で1週間程度と、比較的早めの発行スピード
傷害保険
  • 1.0

    国内・国外共に保険の付帯無し
  • 3.0

    利用付帯だが国内、海外旅行傷害保険が付帯
ショッピング保険
  • 3.0

    年間最高100万円のショッピング保険の付帯あり
  • 3.0

    ショッピング保険が標準で付帯されているが、年間限度額50万円とやや心許ない
学生向け
  • 2.0

    利用枠が10万円と低めに設定されているので安心だが、コンビニ等実店舗で使えない為、学生向けのカードとしてはおすすめできない
  • 3.5

    セブンイレブンやダイエー、イオンが生活圏にあるなら、毎日ポイント3倍(還元率1.5%)で、少しでも生活費を節約したい学生さんにオススメ!
女性向け
  • 2.0

    女性に訴求する強いメリットは特にない
  • 3.5

    女性に人気のハローキティーのデザインカードがあり、女性にも人気!
海外旅行
  • 1.0

    インターネット決済専用の為、海外での利用は想定していない
  • 3.5

    利用付帯ながら海外旅行傷害保険が付帯し、セディナ海外デスクで現地でのチケット手配、緊急時の対応まで日本語で対応!
総合
  • 2.75

    三井住友VISAバーチャルカード

  • 3.27

    セディナカードクラシック

三井住友VISAバーチャルカード 比較項目 セディナカードクラシック

4.5

年会費初年度無料。条件次第で翌年の年会費も無料
年会費

3.5

本人カードは年会費1,000円、家族カードは年会費300円の年会費がかかる。2年目以降の年会費優遇なし

4.5

特典がポイントの付与では無く、最大9,000円のキャッシュバックによるカード請求額への充当なので勝手が良い
入会特典

3.0

合計で6,000円分相当のポイントを獲得!但し、全てのポイントを受け取るには別サービスの入会やクレジットカード使用回数の規定があり、若干受け取りづらい

2.5

基本還元率は0.5%とやや低め。但しポイントUPモール経由なら最大20倍となる為、ポイントUPモールに利用しているサイトがあるかどうかがポイント
ポイント還元率

4.0

基本還元率は0.5%と低めながら、セブンイレブンやダイエー、イオン等の店舗では、いつでもポイント3倍となり、還元率1.5%の高還元率カードに!

4.0

他ポイントへの移行やマイル交換、商品券をはじめとした各種商品への交換など、ポイントの使い勝手はかなり良い
ポイント利便性

4.0

ギフトカードへの交換や、nanaco等の電子マネーにも交換できる他、貯めたポイントを金額換算して、引き落とし口座にキャッシュバックも可と、使い勝手は優秀!

3.5

リボルビング払いの利率は15%と平均的だが、毎月のお支払い金額を自由に決められる「マイ・ペイすリボ」や、買物後にリボ払いに変更できる「あとリボ」など、使い勝手が良い
リボ手数料

3.0

リボルビング払いの利率は15%と平均的

1.0

インターネットショッピング専用のバーチャルカードの為、ステータス性は皆無
ステータス

1.5

普段使いのカードの為、ステータスカードとしての価値は皆無

4.0

最短3営業日でカード発行。他社と比較すると発行スピードは早い
スピード発行

3.5

申し込みからカードお届けまで最短で1週間程度と、比較的早めの発行スピード

1.0

国内・国外共に保険の付帯無し
傷害保険

3.0

利用付帯だが国内、海外旅行傷害保険が付帯

3.0

年間最高100万円のショッピング保険の付帯あり
ショッピング保険

3.0

ショッピング保険が標準で付帯されているが、年間限度額50万円とやや心許ない

2.0

利用枠が10万円と低めに設定されているので安心だが、コンビニ等実店舗で使えない為、学生向けのカードとしてはおすすめできない
学生向け

3.5

セブンイレブンやダイエー、イオンが生活圏にあるなら、毎日ポイント3倍(還元率1.5%)で、少しでも生活費を節約したい学生さんにオススメ!

2.0

女性に訴求する強いメリットは特にない
女性向け

3.5

女性に人気のハローキティーのデザインカードがあり、女性にも人気!

1.0

インターネット決済専用の為、海外での利用は想定していない
海外旅行

3.5

利用付帯ながら海外旅行傷害保険が付帯し、セディナ海外デスクで現地でのチケット手配、緊急時の対応まで日本語で対応!

2.75

三井住友VISAバーチャルカード

総合

3.27

セディナカードクラシック

 

三井住友VISAバーチャルカードセディナカードクラシックの基本情報の比較

三井住友カード株式会社が発行する三井住友VISAバーチャルカードと株式会社セディナが発行するセディナカードクラシックは、どちらも普段使いに向いている一般カードですが、年会費で比較した場合、三井住友VISAバーチャルカードは初年度の年会費が無料、セディナカードクラシックは初年度の年会費が1,000円と、三井住友VISAバーチャルカードの方が若干ですが維持費は安く済みます。

なお、三井住友VISAバーチャルカードは2年目以降の年会費優遇がありますので、使い方によっては2年目以降もお得にカードを所有できます。

両カードに付帯する電子マネーで比較をした場合、三井住友VISAバーチャルカードはiD、Apple Pay、PiTaPa、Visa payWave、WAONの5種類に対応しているのに対し、セディナカードクラシックはiD、QUICPay、Apple Payの3種類に対応しています。

コンビニやスーパーで電子マネーをよく利用される方は、支払いの選択肢として対応する電子マネーの種類が多いに越したことはないので、電子マネー重視の方は三井住友VISAバーチャルカードが良いかも知れません。ただ、年会費はセディナカードクラシックの方が安い為、どちかがおすすめかと言ったら、年会費の安いセディナカードクラシックの方がメリットは大きいでしょう。

基本情報の比較

カード
カード
三井住友VISAバーチャルカード

セディナカードクラシック
発行会社サイト
発行会社サイト 公式サイト 公式サイト
申し込み資格
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生は除く)インターネットに接続可能でEメールアドレスをお持ちの方 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
初年度年会費
初年度年会費 無料 1,000円
二年目以降年会費
二年目以降年会費 300円
年会費の優遇有(優遇時:無料)
1,000円
家族カード年会費
家族カード年会費 有 (年会費初年度0円、二年目以降300円)
家族カードでの前年の買物回数が3回以上の場合、翌年度以降も無料となります。
有 (年会費300円)
※家族カードの発行は、満18歳以上(高校生を除く)の同姓・同居のご家族となります。
※家族カードはWEBからのお申し込み、または申込書到着後、約2~3週間で発行いたします。
ETCカード年会費
ETCカード年会費 有 (永年無料)
初年度無料。2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
※利用が無い場合は年会費500円(税抜)
有 (永年無料)
セディナの発行するETCカードは、新規発行手数料1,000円(税抜)がかかります。
国際ブランド
国際ブランド VISA VISA、Master、JCB
電子マネー
電子マネー iD、Apple Pay、PiTaPa、Visa payWave、WAON iD、QUICPay、Apple Pay
カード発行時間
カード発行時間 最短3営業日で発行、1週間程でカードが届きます。 カードお届けまで最短で1週間程度
支払方法
支払方法 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ 、ボーナス2回払い
締日・支払日
締日・支払日 月末締め26日払い、15日締め10日払い 月末締め27日払い

三井住友VISAバーチャルカードセディナカードクラシックのポイント・還元率の比較

次に、多くの人にとって気になるポイントの還元率や使い勝手について比較してみます。

コンビニやスーパー、インターネットショッピング等の、いわゆる普段使いでカードを使用した場合、三井住友VISAバーチャルカードセディナカードクラシックは共に還元率0.5%で、両者の違いはありません。

一方、ポイントの使い勝手の面で比較をすると、三井住友VISAバーチャルカードがANAマイル、Gポイント、JBOOKポイント、Joshinポイント、Suica、Tポイント、WAON、auポイントプログラム、nanaco、べルメゾン・ポイントをはじめとして19箇所と多くのポイントシステムに移行できるのに対して、セディナカードクラシックの移行先はGポイント、JALマイル、WALLETポイント、dポイント、nanacoポイント、ドトールポイントの6箇所に留まっており、三井住友VISAバーチャルカードの方がかなり使い勝手が良いと言えます。

ポイントを効率良く貯める為にはクレジットカード発行会社が運営または提携しているポイント優待サイト経由でクレジットカードを利用する事が一番の近道ですが、このポイント優待サイトの内容を両カードで比較すると、三井住友VISAバーチャルカードioPLAZA、アイリスプラザ、i LUMINE(アイルミネ)、アウトレットモール ブランデリ、AOKI公式オンラインショップをはじめ331サイトでポイント還元率の優遇を受けられるのに対し、セディナカードクラシック楽天トラベル、Yahooトラベル、LOHACO、楽天、Yahooショッピングをはじめ10サイトでポイント還元率で優遇されるに留まっている為、三井住友VISAバーチャルカードのポイント優待サイトにあなたがよく利用するサイトが登録されているなら、三井住友VISAバーチャルカードの方がポイントを貯めやすいと感じるでしょう。

三井住友VISAバーチャルカードセディナカードクラシックの旅行保険の比較

クレジットカードを持つメリットの一つとして、クレジットカードに付帯する保険を挙げる人は多いと思います。そこで三井住友VISAバーチャルカードセディナカードクラシックを付帯保険の面から比べてみたいと思います。

海外旅行傷害保険

三井住友VISAバーチャルカードセディナカードクラシックに付帯する海外旅行傷害保険ですが、三井住友VISAバーチャルカードは海外旅行傷害保険が付帯されませんが、セディナカードクラシックには海外旅行傷害保険が付帯されています。(但し、セディナカードクラシックに付帯している海外旅行傷害保険は『利用付帯』と呼ばれるもので、『このカードで旅行代金を決済する』といった、カード会社が定める付帯条件を満たした場合のみ保険が適用されるのもです)

海外に出かける機会の多い方は、セディナカードクラシックを選んだ方が良いと思います。

国内旅行傷害保険

続いて、三井住友VISAバーチャルカードセディナカードクラシックに付帯する国内旅行保険を見てみると、三井住友VISAバーチャルカードは国内旅行傷害保険が付帯されませんが、セディナカードクラシックには同保険が付帯されています。(但し、セディナカードクラシックに付帯している国内旅行傷害保険は『利用付帯』と呼ばれるもので、『クレジットカードで旅行代金の一部を決済する』といった、クレジットカード発行会社が定める付帯条件を満たした場合のみ保険が適用されるのもです)

国内旅行傷害保険は日常であまりお世話になるものではありませんが、無料で費用をかけずに付帯される為、クレジットカードを作る大きなメリットの一つです。特に国内の旅行に出かける機会の多い方は、セディナカードクラシックを選ぶべきでしょう。

海外旅行保険の比較

カード
カード
三井住友VISAバーチャルカード

セディナカードクラシック
保険の有無
保険の有無 有(付帯条件あり)
保険の適用は、旅行代金をセディナカードクラッシックでお支払いいただくことが条件となります。
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額) 1000万円
入院費用
入院費用(最大金額)
通院費用
通院費用(最大金額)
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額) 100万円
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額) 100万円
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額) 1000万円
携行品損害
携行品損害(最大金額) 10万円(自己負担:3,000円)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間
保険備考
保険備考

日本旅行保険の比較

カード
カード
三井住友VISAバーチャルカード

セディナカードクラシック
保険の有無
保険の有無 有(付帯条件あり)
保険の適用は、旅行代金をセディナカードクラッシックでお支払いいただくことが条件となります。
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額) 1000万円
入院費用
入院費用(最大金額) 3000円
通院費用
通院費用(最大金額) 2000円
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額)
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額)
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額)
携行品損害
携行品損害(最大金額)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間
保険備考
保険備考
三井住友VISAバーチャルカードとセディナカードクラシックの比較まとめ
  • 初年度の年会費が安いのは三井住友VISAバーチャルカード。(三井住友VISAバーチャルカードは2年目以降の年会費優遇あり)電子マネーの使い勝手は三井住友VISAバーチャルカードが上。
  • ポイント還元率は両カード共に還元率0.5%で、ポイントの移行先は三井住友VISAバーチャルカードがかなり多い。
  • 海外旅行傷害保険はセディナカードクラシックのみ利用付帯。海外旅行傷害保険重視ならセディナカードクラシックがおすすめ。国内旅行傷害保険はセディナカードクラシックのみ付帯あり。(利用付帯)国内旅行傷害保険重視ならセディナカードクラシックがおすすめ。
三井住友VISAバーチャルカードとよく比較されるカード
セディナカードクラシックとよく比較されるカード