選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

JCBゴールド法人とセディナゴールドカードの比較

JCBゴールド法人とセディナゴールドカードを年会費や入会特典、還元率など様々な角度から徹底比較! JCBゴールド法人とセディナゴールドカードのどちらを作った方がお得かお悩みの方は、是非とも参考にして頂ければと思います。

  • JCBゴールド法人

  • セディナゴールドカード

  • JCBゴールド法人
  • セディナゴールドカード
年会費
  • 2.0

    法人ゴールドカードとしては、年会費10,000円とリーズナブルな価格設定
  • 2.0

    本人カードは年会費6,000円、家族カードは年会費1,000円と、ゴールドカードとしては安めの年会費。Web申込で年会費初年度無料!
入会特典
  • 3.5

    新規入会で3,000円分、使用者の追加で最大2,000円分、合計5,000円分の入会特典あり
  • 3.0

    合計で5,000円分相当のポイントを獲得!但し、全てのポイントを受け取るには別サービスの入会やクレジットカード使用回数の規定があり、若干受け取りづらい
ポイント還元率
  • 3.5

    基本還元率は0.5%と低め。ポイント倍率の上がる提携店鋪やオンラインショップなどの利用が頻繁であれば還元率も高くなるが…
  • 4.0

    基本還元率は0.5%と低めながら、セブンイレブンやダイエー、イオン等の店舗では、いつでもポイント3倍となり、還元率1.5%の高還元率カードに!
ポイント利便性
  • 4.0

    移行できるポイントシステムが多く、JALやANAのマイルにも交換できる為、使い勝手は良い
  • 4.0

    ギフトカードへの交換や、nanaco等の電子マネーにも交換できる他、貯めたポイントを金額換算して、引き落とし口座にキャッシュバックも可と、使い勝手は優秀!
リボ手数料
  • 3.0

    リボルビング払いの利率は平均的だが、ご利用後にショッピングリボ・分割払いに変更できるサービスなど使い勝手が良い
  • 3.0

    リボルビング払いの利率は15%と平均的
ステータス
  • 4.0

    ステータスはゴールドカードクラス。JCBプロパーカードという事も相まってステータスは高く、ビジネスシーンでもスマートに使える
  • 4.0

    ステータスはゴールドカードクラス。年中無休の空港ラウンジが利用でき、ひとつ上のライフスタイルを目指す方にオススメです!
スピード発行
  • 3.5

    申し込みからカードお届けまで最短で2週間程度と、法人用カードとしては比較的早めの発行スピード
  • 3.5

    申し込みからカードお届けまで最短で1週間程度と、比較的早めの発行スピード
傷害保険
  • 4.0

    海外なら最高1億円、国内なら最高5,000万円のゴールド法人カードならではの手厚い保険!
  • 4.0

    海外なら利用付帯で1億円(自動付帯2,000万円)、国内なら利用付帯で5,000万円(自動付帯1,000万円)
ショッピング保険
  • 4.0

    ショッピングガード保険の年間補償金額は500万円までと、法人利用を想定した高い安心感あり!
  • 4.0

    最大で年間300万円までの補償があり、高額な買い物も安心!
学生向け
  • 1.0

    申込対象が法人または個人事業主で、年会費が高額の為、学生に対するメリットはほぼ無し
  • 1.0

    ゴールドカードの為審査が厳しく、年会費が6,000円かかる事から、学生の方へはおすすめできない
女性向け
  • 1.0

    普段使い用のカードではなく、年会費やポイント還元率、優待店舗の面からも女性利用に対するメリットはほぼ無し
  • 3.0

    女性に人気のハローキティーのデザインカードが選択可能
海外旅行
  • 4.0

    手厚い海外旅行傷害保険の内容や、空港ラウンジの利用は海外出張でも頼りになる。但しJCB加盟店が少ない渡航先への出張・旅行の場合は、このカード一枚だけではやや不安あり
  • 5.0

    利用付帯1億円、自動付帯でも2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯し、海外キャッシング(海外ATM引出し)とペイジー払いで超お得に現地通貨を調達できる、海外旅行最強のカード!
総合
  • 3.09

    JCBゴールド法人

  • 3.36

    セディナゴールドカード

JCBゴールド法人 比較項目 セディナゴールドカード

2.0

法人ゴールドカードとしては、年会費10,000円とリーズナブルな価格設定
年会費

2.0

本人カードは年会費6,000円、家族カードは年会費1,000円と、ゴールドカードとしては安めの年会費。Web申込で年会費初年度無料!

3.5

新規入会で3,000円分、使用者の追加で最大2,000円分、合計5,000円分の入会特典あり
入会特典

3.0

合計で5,000円分相当のポイントを獲得!但し、全てのポイントを受け取るには別サービスの入会やクレジットカード使用回数の規定があり、若干受け取りづらい

3.5

基本還元率は0.5%と低め。ポイント倍率の上がる提携店鋪やオンラインショップなどの利用が頻繁であれば還元率も高くなるが…
ポイント還元率

4.0

基本還元率は0.5%と低めながら、セブンイレブンやダイエー、イオン等の店舗では、いつでもポイント3倍となり、還元率1.5%の高還元率カードに!

4.0

移行できるポイントシステムが多く、JALやANAのマイルにも交換できる為、使い勝手は良い
ポイント利便性

4.0

ギフトカードへの交換や、nanaco等の電子マネーにも交換できる他、貯めたポイントを金額換算して、引き落とし口座にキャッシュバックも可と、使い勝手は優秀!

3.0

リボルビング払いの利率は平均的だが、ご利用後にショッピングリボ・分割払いに変更できるサービスなど使い勝手が良い
リボ手数料

3.0

リボルビング払いの利率は15%と平均的

4.0

ステータスはゴールドカードクラス。JCBプロパーカードという事も相まってステータスは高く、ビジネスシーンでもスマートに使える
ステータス

4.0

ステータスはゴールドカードクラス。年中無休の空港ラウンジが利用でき、ひとつ上のライフスタイルを目指す方にオススメです!

3.5

申し込みからカードお届けまで最短で2週間程度と、法人用カードとしては比較的早めの発行スピード
スピード発行

3.5

申し込みからカードお届けまで最短で1週間程度と、比較的早めの発行スピード

4.0

海外なら最高1億円、国内なら最高5,000万円のゴールド法人カードならではの手厚い保険!
傷害保険

4.0

海外なら利用付帯で1億円(自動付帯2,000万円)、国内なら利用付帯で5,000万円(自動付帯1,000万円)

4.0

ショッピングガード保険の年間補償金額は500万円までと、法人利用を想定した高い安心感あり!
ショッピング保険

4.0

最大で年間300万円までの補償があり、高額な買い物も安心!

1.0

申込対象が法人または個人事業主で、年会費が高額の為、学生に対するメリットはほぼ無し
学生向け

1.0

ゴールドカードの為審査が厳しく、年会費が6,000円かかる事から、学生の方へはおすすめできない

1.0

普段使い用のカードではなく、年会費やポイント還元率、優待店舗の面からも女性利用に対するメリットはほぼ無し
女性向け

3.0

女性に人気のハローキティーのデザインカードが選択可能

4.0

手厚い海外旅行傷害保険の内容や、空港ラウンジの利用は海外出張でも頼りになる。但しJCB加盟店が少ない渡航先への出張・旅行の場合は、このカード一枚だけではやや不安あり
海外旅行

5.0

利用付帯1億円、自動付帯でも2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯し、海外キャッシング(海外ATM引出し)とペイジー払いで超お得に現地通貨を調達できる、海外旅行最強のカード!

3.09

JCBゴールド法人

総合

3.36

セディナゴールドカード

 

JCBゴールド法人セディナゴールドカードの基本情報の比較

株式会社ジェーシービーが発行するJCBゴールド法人と株式会社セディナが発行するセディナゴールドカードはどちらもステータスを売りにするカードの為、普段使いというよりは、高い年会費を支払ってでもサービスデスクや保険、空港ラウンジといった付加価値の部分に価値を見出せる方向けのカードです。なお、当サイトの基準では、JCBゴールド法人セディナゴールドカードはどちらもゴールドカードクラスのステータスと評価しました。

ステータスカードの年会費を比較する事自体がナンセンスですが、JCBゴールド法人は初年度の年会費が無料、セディナゴールドカードは初年度の年会費が6,000円と、年会費のみを考えると、JCBゴールド法人の方が維持費は安く済みます。

両カードに付帯する電子マネーで比較をした場合、JCBゴールド法人はQUICPayの1種類に対応しているのに対し、セディナゴールドカードはiD、QUICPay、Apple Payの3種類に対応しています。

最近では電子マネーの利用でポイントの還元といった特典が受けられることが多くなっていますので、対応する電子マネーの種類が多いに越したことはないですよね。年会費もセディナゴールドカードの方が安い為、基本機能の比較ではセディナゴールドカードの方がおすすめです。

基本情報の比較

カード
カード
JCBゴールド法人

セディナゴールドカード
発行会社サイト
発行会社サイト 公式サイト 公式サイト
申し込み資格
申し込み資格 法人または個人事業主 ※カード使用者は18歳以上の方が対象となります。 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
初年度年会費
初年度年会費 無料 無料
二年目以降年会費
二年目以降年会費 10,000円 6,000円
家族カード年会費
家族カード年会費 有 (年会費1,000円)
※家族カードの発行は、満18歳以上(高校生を除く)の同姓・同居のご家族となります。
※家族カードはWEBからのお申し込み、または申込書到着後、約2~3週間で発行いたします。
ETCカード年会費
ETCカード年会費 有 (永年無料)
JCB法人カードの発行枚数とは関係なく、複数枚を年会費無料で発行することが可能です。
有 (永年無料)
セディナの発行するETCカードは、新規発行手数料1,000円(税抜)がかかります。
国際ブランド
国際ブランド JCB VISA、Master、JCB
電子マネー
電子マネー QUICPay iD、QUICPay、Apple Pay
カード発行時間
カード発行時間 カードお届けまで最短で2週間程度 カードお届けまで最短で1週間程度
支払方法
支払方法 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ 、ボーナス2回払い
締日・支払日
締日・支払日 月末締め27日払い

JCBゴールド法人セディナゴールドカードのポイント・還元率の比較

次に、多くの人にとって気になるポイントの還元率や使い勝手について比較してみます。

コンビニやスーパー、インターネットショッピング等の、いわゆる普段使いでカードを使用した場合、JCBゴールド法人は還元率0.5~2.5%ですが、セディナゴールドカードは還元率0.5%です。(以後、JCBゴールド法人の還元率は1.475%として試算します)

この還元率で、仮に毎月8万円(年間で96万円)の買い物を両カードで決済した場合、JCBゴールド法人は14,160円、セディナゴールドカードは4,800円が還元される計算となり、一年で9,360円分もの差が生まれます。還元率を重視したクレジットカード選びという観点では、、JCBゴールド法人を選択した方がかなりお得であるという事が言えます。

また、ポイントの使い勝手の面でもJCBゴールド法人がANA SKY コイン、ANAマイル、JALマイル、Tポイント、WALLETポイント、WAONポイント、dポイント、nanacoポイント、カエトクカード、ジョーシンポイントをはじめとして18箇所と多くのポイントシステムに移行できるのに対して、セディナゴールドカードの移行先はGポイント、JALマイル、WALLETポイント、dポイント、nanacoポイント、ドトールポイントの6箇所に留まっており、使い勝手の面でもJCBゴールド法人の方が多くの方にとって使いやすいのではないかと思います。

ポイントを効率良く貯める為にはクレジットカード発行会社が運営または提携しているポイント優待サイト経由でクレジットカードを利用する事が一番の近道ですが、このポイント優待サイトの内容を両カードで比較すると、JCBゴールド法人Amazon.co.jp、一休.comレストラン、THE BODY SHOP、セシール、ディノスをはじめ39サイトでポイント還元率の優遇を受けられるのに対し、セディナゴールドカード楽天トラベル、Yahooトラベル、LOHACO、楽天、Yahooショッピングをはじめ10サイトでポイント還元率で優遇されるに留まっている為、JCBゴールド法人のポイント優待サイトにあなたがよく利用するサイトが登録されているなら、JCBゴールド法人の方がポイントを貯めやすいと感じるでしょう。

JCBゴールド法人セディナゴールドカードの旅行保険の比較

クレジットカードを持つメリットの一つとして、クレジットカードに付帯する保険を挙げる人は多いと思います。そこでJCBゴールド法人セディナゴールドカードを付帯保険の面から比べてみたいと思います。

海外旅行傷害保険

JCBゴールド法人セディナゴールドカードに付帯する海外旅行傷害保険ですが、JCBゴールド法人セディナゴールドカードはどちらも海外旅行傷害保険が自動で付帯されます。自動付帯とは、カードを持っているだけで海外旅行傷害保険に自動的に入るもので、手続きや登録などといった手間はありませんので、海外旅行によく行く方はあると嬉しいですね。

国内旅行傷害保険

続いて、JCBゴールド法人セディナゴールドカードに付帯する国内旅行保険を見てみると、JCBゴールド法人セディナゴールドカードはどちらも国内旅行傷害保険が自動で付帯されます。自動付帯とは、カードを持っているだけで国内旅行傷害保険に自動的に入るもので、手続きや登録などといった手間はありませんので、国内を旅行する機会が多い方はあると嬉しいですね。

JCBゴールド法人セディナゴールドカードはどちらも国内旅行傷害保険が自動で付帯されますので、万が一国内旅行中の新幹線や飛行機、高速バス等で事故が発生した場合でも、保険の適用が受けられます。

海外旅行保険の比較

カード
カード
JCBゴールド法人

セディナゴールドカード
保険の有無
保険の有無 有(自動付帯) 有(自動付帯)
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額) 1億円 1億円
入院費用
入院費用(最大金額)
通院費用
通院費用(最大金額)
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額) 300万円 300万円
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額) 300万円 300万円
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額) 1億円 1000万円
携行品損害
携行品損害(最大金額) 50万円(自己負担:3000円) 50万円(自己負担:3,000円)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間 当該JCBカードにより宿泊を伴う募集型企画旅行の料金を支払い、これに参加中に傷害を被った時
保険備考
保険備考 被保険者が日本国内を旅行中、乗客として公共交通乗用具搭乗中に傷害を被った場合や、日本国内を旅行中、旅館、ホテル等の宿泊施設に宿泊者として滞在中に、火災・爆発事故により傷害を被った場合。最高補償額5,000万円となります。 傷害死亡・後遺障害に関して、公共交通乗用具に搭乗する以前に、その料金を当該カードで決済した場合、ノークーポンシステムを利用して宿泊施設を予約した場合、チェックインする以前に当該カードで宿泊施設の料金を決済した場合、または宿泊を伴う募集型企画旅行の代金を当該カードで決済した場合等に、最高補償額5,000万円、決済がない場合には、最高補償額1,000万円となります。

日本旅行保険の比較

カード
カード
JCBゴールド法人

セディナゴールドカード
保険の有無
保険の有無 有(自動付帯) 有(自動付帯)
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額) 5000万円 5000万円
入院費用
入院費用(最大金額) 5000円 5000円
通院費用
通院費用(最大金額) 2000円 2000円
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額) 5000万円
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額)
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額)
携行品損害
携行品損害(最大金額)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間 当該JCBカードにより宿泊を伴う募集型企画旅行の料金を支払い、これに参加中に傷害を被った時
保険備考
保険備考 被保険者が日本国内を旅行中、乗客として公共交通乗用具搭乗中に傷害を被った場合や、日本国内を旅行中、旅館、ホテル等の宿泊施設に宿泊者として滞在中に、火災・爆発事故により傷害を被った場合。最高補償額5,000万円となります。 傷害死亡・後遺障害に関して、公共交通乗用具に搭乗する以前に、その料金を当該カードで決済した場合、ノークーポンシステムを利用して宿泊施設を予約した場合、チェックインする以前に当該カードで宿泊施設の料金を決済した場合、または宿泊を伴う募集型企画旅行の代金を当該カードで決済した場合等に、最高補償額5,000万円、決済がない場合には、最高補償額1,000万円となります。
JCBゴールド法人とセディナゴールドカードの比較まとめ
  • 初年度の年会費が安いのはJCBゴールド法人。ステータスは両カード共ゴールドクラス電子マネーの使い勝手はセディナゴールドカードが上。
  • ポイント還元率はJCBゴールド法人が0.5~2.5%、セディナゴールドカードが0.5%(一般的な利用の場合)還元率重視ならJCBゴールド法人。ポイントの使い勝手もJCBゴールド法人が優れている。
  • 海外旅行傷害保険は両カード共に自動付帯。国内旅行傷害保険は両カード共に自動付帯。
JCBゴールド法人とよく比較されるカード
セディナゴールドカードとよく比較されるカード