選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

ENEOSカード SとUCSドラゴンズカードの比較

ENEOSカード SとUCSドラゴンズカードを年会費や入会特典、還元率など様々な角度から徹底比較! ENEOSカード SとUCSドラゴンズカードのどちらを作った方がお得かお悩みの方は、是非とも参考にして頂ければと思います。

  • ENEOSカード S

  • UCSドラゴンズカード

  • ENEOSカード S
  • UCSドラゴンズカード
年会費
  • 4.5

    初年度年会費無料!2年目からは年会費1,250円かかるが、前年度に一度でもクレジット払いの利用があれば無料となる為、実質年会費無料のカードと変わらない
  • 4.5

    本人カード並びに家族カードの年会費は300円と格安
入会特典
  • 1.0

    入会特典は特に無し
  • 3.0

    新規入会特典で最大4,000ポイントをプレゼント!
ポイント還元率
  • 4.0

    エネオスでの利用なら2円/1L割引と、110円換算でキャッシュバック還元率1.8%の高還元率!通常のクレカ利用でも還元率0.6%とそれほど悪くない
  • 4.0

    カード利用で貯まるポイントとは別に、中日ドラゴンズが試合に勝つ度にポイントが別途貯まるという、中日ドラゴンズファンにはたまらないポイントシステムを採用!
ポイント利便性
  • 3.0

    貯めたポイントはガソリン代支払いへのキャッシュバックや商品と交換でき、使い勝手は優秀
  • 3.5

    商品券・ギフト券などの金券との交換は勿論、中日ファンなら是非とも手に入れたいドラゴンズオリジナルグッズや観戦チケットと交換ができます!
リボ手数料
  • 4.5

    リボルビング払いの利率は13.2%と他のカードよりもかなり低金利で、ショッピングをよく利用される方には給油の機会が無い方にもオススメ
  • 3.0

    リボルビング払いの利率は15%と平均的
ステータス
  • 1.5

    普段使いの石油系クレジットカードの為、ステータス性は皆無
  • 1.0

    普段使いのカードの為、ステータスカードとしての価値は皆無
スピード発行
  • 2.0

    カードが届くまで約3週間程度と、他社カードと比較して少し遅め。急ぎの方は他のカードを検討した方がいいかも…
  • 2.5

    引き落とし口座の登録がWebから行えなく、発行までに必ず口座登録が必要な為、他のカードよりも少し時間がかかる場合も…
傷害保険
  • 1.0

    旅行傷害保険の付帯無し
  • 1.5

    国内、海外旅行傷害保険共に付帯無し。別途、年会費1,080円で『UCS旅とくプラス』という旅行保険を付帯できるが、他カードと比較して使い勝手は悪い
ショッピング保険
  • 2.0

    国際ブランドをJCBで発行した時のみ、『JCB海外お買い物保険』が付帯される
  • 3.5

    最高補償金額100万円のショッピングガード保険が付帯
学生向け
  • 2.5

    給油をする機会があるなら、学生さんにもおすすめできる。給油以外の利用でも還元率0.6%
  • 3.0

    中日ドラゴンズファンであれば、老若男女必携のカード!そうでないのであれば、年会費無料のUSCカードがオススメ
女性向け
  • 2.0

    レンタカー優待がある為、女子旅などに便利だが、女性向けのサービスがほとんど無い為、女性に積極的におすすめできる要素は無い
  • 3.0

    中日ドラゴンズファンであれば、老若男女必携のカード!そうでないのであれば、年会費無料のUSCカードがオススメ
海外旅行
  • 2.0

    国際ブランドがJCBの時のみ、海外で購入した商品にショッピング保険が適応
  • 2.0

    基本旅行代金が最大8%OFFになる旅行サービスはあるが、海外旅行保険の付帯は無く、海外利用でオススメできる要素はあまり無い
総合
  • 2.50

    ENEOSカード S

  • 2.88

    UCSドラゴンズカード

ENEOSカード S 比較項目 UCSドラゴンズカード

4.5

初年度年会費無料!2年目からは年会費1,250円かかるが、前年度に一度でもクレジット払いの利用があれば無料となる為、実質年会費無料のカードと変わらない
年会費

4.5

本人カード並びに家族カードの年会費は300円と格安

1.0

入会特典は特に無し
入会特典

3.0

新規入会特典で最大4,000ポイントをプレゼント!

4.0

エネオスでの利用なら2円/1L割引と、110円換算でキャッシュバック還元率1.8%の高還元率!通常のクレカ利用でも還元率0.6%とそれほど悪くない
ポイント還元率

4.0

カード利用で貯まるポイントとは別に、中日ドラゴンズが試合に勝つ度にポイントが別途貯まるという、中日ドラゴンズファンにはたまらないポイントシステムを採用!

3.0

貯めたポイントはガソリン代支払いへのキャッシュバックや商品と交換でき、使い勝手は優秀
ポイント利便性

3.5

商品券・ギフト券などの金券との交換は勿論、中日ファンなら是非とも手に入れたいドラゴンズオリジナルグッズや観戦チケットと交換ができます!

4.5

リボルビング払いの利率は13.2%と他のカードよりもかなり低金利で、ショッピングをよく利用される方には給油の機会が無い方にもオススメ
リボ手数料

3.0

リボルビング払いの利率は15%と平均的

1.5

普段使いの石油系クレジットカードの為、ステータス性は皆無
ステータス

1.0

普段使いのカードの為、ステータスカードとしての価値は皆無

2.0

カードが届くまで約3週間程度と、他社カードと比較して少し遅め。急ぎの方は他のカードを検討した方がいいかも…
スピード発行

2.5

引き落とし口座の登録がWebから行えなく、発行までに必ず口座登録が必要な為、他のカードよりも少し時間がかかる場合も…

1.0

旅行傷害保険の付帯無し
傷害保険

1.5

国内、海外旅行傷害保険共に付帯無し。別途、年会費1,080円で『UCS旅とくプラス』という旅行保険を付帯できるが、他カードと比較して使い勝手は悪い

2.0

国際ブランドをJCBで発行した時のみ、『JCB海外お買い物保険』が付帯される
ショッピング保険

3.5

最高補償金額100万円のショッピングガード保険が付帯

2.5

給油をする機会があるなら、学生さんにもおすすめできる。給油以外の利用でも還元率0.6%
学生向け

3.0

中日ドラゴンズファンであれば、老若男女必携のカード!そうでないのであれば、年会費無料のUSCカードがオススメ

2.0

レンタカー優待がある為、女子旅などに便利だが、女性向けのサービスがほとんど無い為、女性に積極的におすすめできる要素は無い
女性向け

3.0

中日ドラゴンズファンであれば、老若男女必携のカード!そうでないのであれば、年会費無料のUSCカードがオススメ

2.0

国際ブランドがJCBの時のみ、海外で購入した商品にショッピング保険が適応
海外旅行

2.0

基本旅行代金が最大8%OFFになる旅行サービスはあるが、海外旅行保険の付帯は無く、海外利用でオススメできる要素はあまり無い

2.50

ENEOSカード S

総合

2.88

UCSドラゴンズカード

 

ENEOSカード SUCSドラゴンズカードの基本情報の比較

トヨタファイナンス株式会社が発行するENEOSカード Sと株式会社UCSが発行するUCSドラゴンズカードは、どちらも普段使いに向いている一般カードですが、年会費で比較した場合、ENEOSカード Sは初年度の年会費が無料、UCSドラゴンズカードは初年度の年会費が300円と、ENEOSカード Sの方が僅かですが維持費は安く済みます。

なお、ENEOSカード Sは2年目以降の年会費優遇がありますので、使い方によっては2年目以降もお得にカードを所有できます。

両カードに付帯する電子マネーで比較をした場合、ENEOSカード SはQUICPay、Apple Payの2種類に対応しているのに対し、UCSドラゴンズカードはiD、QUICPay、Apple Pay、Suica、楽天Edyの5種類に対応しています。

最近では電子マネーの利用でポイントの還元といった特典が受けられることが多くなっていますので、対応する電子マネーの種類が多いに越したことはないですよね。年会費もUCSドラゴンズカードの方が安い為、基本機能の比較ではUCSドラゴンズカードの方がおすすめです。

基本情報の比較

カード
カード
ENEOSカード S

UCSドラゴンズカード
発行会社サイト
発行会社サイト 公式サイト 公式サイト
申し込み資格
申し込み資格 満18才以上の方(高校生を除く) 満18歳以上の安定した収入のある、電話連絡可能な方(高校生は除く)
初年度年会費
初年度年会費 無料 300円
二年目以降年会費
二年目以降年会費 1,250円
年会費の優遇有(優遇時:無料)
300円
家族カード年会費
家族カード年会費 有 (永年無料)
家族カード年会費は永年無料
有 (年会費300円)
※ドラゴンズカードの券面は、本人会員と同様のものとなります。
ETCカード年会費
ETCカード年会費 有 (永年無料)
ETCカード年会費永年無料
有 (永年無料)
国際ブランド
国際ブランド VISA、JCB JCB
電子マネー
電子マネー QUICPay、Apple Pay iD、QUICPay、Apple Pay、Suica、楽天Edy
カード発行時間
カード発行時間 カードお届けまで約3~4週間程 カードお届けまで最短で2~3週間程度
支払方法
支払方法 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ
締日・支払日
締日・支払日 5日締め2日払い 15日締め10日払い

ENEOSカード SUCSドラゴンズカードのポイント・還元率の比較

次に、多くの人にとって気になるポイントの還元率や使い勝手について比較してみます。

コンビニやスーパー、インターネットショッピング等の、いわゆる普段使いでカードを使用した場合、ENEOSカード Sは還元率0.6~2.0%ですが、UCSドラゴンズカードは還元率0.5%です。(以後、ENEOSカード Sの還元率は1.299%として試算します)

この還元率で、仮に毎月8万円(年間で96万円)の買い物を両カードで決済した場合、ENEOSカード Sは12,470円、UCSドラゴンズカードは4,800円が還元される計算となり、一年で7,670円分もの差が生まれます。還元率を重視したクレジットカード選びという観点では、、ENEOSカード Sを選択した方がかなりお得であるという事が言えます。

また、ポイントの使い勝手の面でもENEOSカード SがANAマイル、JALマイル、Tポイントの3箇所にポイントを移行できるのに対して、UCSドラゴンズカードの移行先はJALマイル、ユニコ電子マネーの2箇所に留まっており、使い勝手の面でもENEOSカード Sの方が若干勝るかなという印象です。

ポイントを効率良く貯める為にはクレジットカード発行会社が運営または提携しているポイント優待サイト経由でクレジットカードを利用する事が一番の近道ですが、このポイント優待サイトの内容を両カードで比較すると、UCSドラゴンズカードd fashion、SANYO iStore(サンヨー・アイストア)、宅配ピザのドミノ・ピザ、楽天市場、LEVI'S E-SHOPをはじめ9サイトでポイント還元率の優遇がありますが、ENEOSカード Sはポイント優待サイトがありませんので、UCSドラゴンズカードのポイント優待サイトにあなたがよく利用するサイトが登録されているなら、UCSドラゴンズカードの方がかなりポイントを貯めやすいと言えます。

ENEOSカード SUCSドラゴンズカードの旅行保険の比較

クレジットカードを持つメリットの一つとして、クレジットカードに付帯する保険を挙げる人は多いと思います。そこでENEOSカード SUCSドラゴンズカードを付帯保険の面から比べてみたいと思います。

海外旅行傷害保険

ENEOSカード SUCSドラゴンズカードに付帯する海外旅行傷害保険ですが、ENEOSカード SUCSドラゴンズカードはどちらも海外旅行傷害保険が付帯されていません。

海外旅行の度に保険に加入する方や別のカードで海外旅行傷害保険が付帯している方、そもそも海外旅行に行かない方は特に気にしなくてもいいと思いますが、年に1回以上は海外に行く方は、やはりクレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯していると安心できますので、他のカードをえらんだ方が良いかも知れません。

国内旅行傷害保険

続いて、ENEOSカード SUCSドラゴンズカードに付帯する国内旅行保険を見てみると、ENEOSカード SUCSドラゴンズカードはどちらも国内旅行傷害保険が付帯されていません。

あまり国内の旅行に出かけない人や、旅行をする場合でも公共の交通期間を使わずにマイカーで移動するような人にとっては特に気にしなくてもいいと思いますが、旅行が趣味で年に一回は旅行する人や、毎年新幹線や飛行機で帰省するような人、バスツアーをよく利用するような人は、何かあった場合の備えとして国内旅行傷害保険が付帯されたクレジットカードの契約を検討してもいいかも知れません。

海外旅行保険の比較

カード
カード
ENEOSカード S

UCSドラゴンズカード
保険の有無
保険の有無
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額)
入院費用
入院費用(最大金額)
通院費用
通院費用(最大金額)
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額)
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額)
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額)
携行品損害
携行品損害(最大金額)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間
保険備考
保険備考

日本旅行保険の比較

カード
カード
ENEOSカード S

UCSドラゴンズカード
保険の有無
保険の有無
死亡・後遺傷害
死亡・後遺傷害(最大金額)
入院費用
入院費用(最大金額)
通院費用
通院費用(最大金額)
傷害治療費用
傷害治療費用(最大金額)
疾病治療費用
疾病治療費用(最大金額)
手術費用
手術費用(最大金額)
賠償責任
賠償責任(最大金額)
携行品損害
携行品損害(最大金額)
家族特約
家族特約
補償期間
補償期間
保険備考
保険備考
ENEOSカード SとUCSドラゴンズカードの比較まとめ
  • 初年度の年会費が安いのはENEOSカード S。(ENEOSカード Sは2年目以降の年会費優遇あり)電子マネーの使い勝手はUCSドラゴンズカードが上。
  • ポイント還元率はENEOSカード Sが0.6~2.0%、UCSドラゴンズカードが0.5%(一般的な利用の場合)還元率重視ならENEOSカード S。ポイントの使い勝手もENEOSカード Sが上。
  • 海外旅行傷害保険は両カードとも付帯なし。国内旅行傷害保険は両カードとも付帯なし。国内旅行傷害保険を重視するなら他のカードも選択肢に。
ENEOSカード Sとよく比較されるカード
UCSドラゴンズカードとよく比較されるカード